小型のぼり旗について

この程、当社で小型のぼり旗の改良に着手しました。
ここ関ヶ原では1600年(慶長5年9月15日)に繰り広げられた関ヶ原合戦が
有名で、決戦地や各武将陣営にはのぼり旗がはためいています。
又、関ヶ原はワ- テルロ-(ナポレオン戦争)ゲティスバ-グ(アメリカ南北戦争)
と共に世界三 大古戦場になっており、関ヶ原古戦場記念館も建設され、
関ヶ原駅前より記念館までのメイン通りにものぼり旗がはためいています。
当地の商店街にも商工会主催で家紋旗が靡き関ヶ原の景観にマッチしています。

自社も地元地域での建設業を行っており、ふとこの景観が室内用ののぼり旗でも
再現出来ないかと考案しました。

簡易な機構によって風にはためくように動く屋内設置用の小型ののぼり旗を提供する事により
日本国特許庁の実用新案登録第3229707号(U3229707)に登録されました。

のぼり竿の架台を全国的にも有名な関ヶ原今須の杉を(「imasu」プロジェクトチーム様とコラボレイション)
用いて開発しました。http://www.imasusugi.com

屋内の観光施設や官公庁のカウンターに設置したり、各種店舗や飲食店の卓上に並べることで、
装飾、告知、宣伝広告等に好適に使用することができると思います。


寄贈式典を開催していただきました!

関ケ原町役場にて寄贈式典を開催して頂きました。
報道関係者の多さに圧倒され、緊張気味でした。
関ケ原町長 西脇康世様より「古戦場の町関ヶ原のシンボルとして
大切に扱いたい」とのあいさつを頂き感無量の思いです。
ふるさと納税返礼品や町のお土産品としてのお墨付きを頂き
自社も商品化への強い意識を持ちました。
ありがとうございました。



小型のぼり旗の販売を開始しました。

関ケ原の駅前交流館・笹尾山交流館にて販売しています。
店内にも展示してありますので、是非なびく姿を見て下さい。

小型のぼり旗に関するお問い合わせはこちら